What's New

 

 

 

* Fumiko先生による

 

  カルトナージュレッスン *

 

 

日時: 9/26(火)

 

    13:00〜

 

 

 

 

 

* Fumiko先生による

 

  カルトナージュレッスン *

 

 

日時: 10/24(火)

 

    13:00〜

 

 

 

 

 

* code de l'air さん

 

  天然素材リネン100%

   ワンピース販売会 *   

 

 

日時: 10/27(金)~               11/1(水)

 

            11:00 ~ 17:00

 

 

 

 code de l'air HP → 

     

 

 

 

 

 

 

井の頭線のホームで見た「 Paris  パリ  巴里 ー 日本人が描く 1900 - 1945 」の

 

佐伯祐三のポスターが気になっていたので、ブリジストン美術館に行ってきました。

 

 

1900年代に入って、画家達が皆パリをめざし、色んなパリを描いていますが

 

その中でもとりわけ、佐伯 祐三 と 藤田 嗣治 が大好きです。

 

佐伯祐三の、力強いタッチやインパクトのある色使い、そして絵の雰囲気がたまり

 

ません。 藤田嗣治の絵は、日本画に近い繊細なタッチながらも、モダンで

 

ユーモラスな作品に心惹かれます。 特に心癒される作品には、猫が登場します。

 

美術展でも、2人の作品の前では足が止まり、じっくりゆっくり観てきました。 

 

またブリジストン美術館の常設展は、海外の有名な作家作品が多く、楽しめます。

 

 

帰りに絵はがきを購入しようと思いましたが、すでに売り切れ状態 ...。

 

そこで、紙でできた STEREO VIEWER という、覗き込むと平面な絵が3Dの立体

 

となって見えるものを買ってきました。 佐伯祐三のカフェの絵が、なぜか本当の

 

カフェのように浮かび上がって見えるのです...見た瞬間ビックリ、感動もの!

 

インテリアの仕事をしていた私にとっては、楽しいおもちゃのようなもので

 

帰ってからも何度も何度ものぞき込んでます♪